必要?不必要の 見分け方

必要?不必要の 見分け方

みなさん 答えを 知りたいですか?

先に 答えを 言ってしまえば

見分け方は あなたの 家族構成や 生活スタイルで すべて 変わります。

教科書通りの 答えを 正解だと 思わないでください。

教科書通りの 答えを 述べるならば

使っているか 使っていないか

この事実で 分ける事です。

感情の いる・いらない で分けると

全て いるに ふりわけてしまいます。

今使うのか 使わないのか?

今って あいまい?と 思われた方は そうですね~。半年以内に 確実に使う期日が 決まっていれば

買い足すよりも 取っておいた方が 良いと 思います。

たとえば この 給食ナプキン

20歳の息子が 小学校の時に 使っていたものなので

o2592193613748068171

 

 

 

 

 

 

 

かれこれ12・13年前以上のものというのは 確実です。

今 使っているの?

はい 使っています!!でも 使っていなかった年月が 何年もありました。

 

しかし!!! 使っているのは 13歳 年が離れた 次男。

長男にとって お気に入りの 大切な思い出の品だったものです。

思い出の品は 事実では 無く 感情で 取っておくことが 多いと思います。

ライフスタイル(生活スタイル)や 家族構成で 教科書通りでなくても 良いと書いたのは

のちに 思い出の品が 次の世代に 移り変わることも あるからです。

あ~うちにも 沢山 そんなものあるわ~。じゃ~いつか 誰かに 譲る事が あるかもしれないから

とっておいていいのね~ではなく 誰かが 確かであれば とっておいても良いと思います。

もしも 次男が 「これ使う?」と 聞かれて いらないと 答えたならば

私は その時に処分しました。

思い出の品を どうしても 手放せない方 必見

思い出の品は 無理に 手放さくても 良いです。

必ず 手放す事が できるでしょう。

実際 うちの長男も クローゼットから

「なんで?これ とっておいたんやろう?」って

月日が たてば 大事な思い出の品も すんなり 手放す事が 出来ました。

ただ 思い出の品については いろんなタイプが あるので

又別に 機会に UPしたいと思います。

 

 

 

 

 

PAGETOP